「セントレジス大阪」な、微笑み。

東京在住の中高の同級生が、神戸に帰ってくるということで
なんとオープン2日目という、ぴっかぴっかの「セントレジス大阪」
ステイしてまいりました~。
f0224387_11211615.jpg

御堂筋のオフィス街。見慣れた風景が、こんなにシックでエレガントな
雰囲気に変遷していく様子を見ながら、少し緊張してチェックインです。
f0224387_11214859.jpg

チェックインのレセプションは、12階です。

お部屋は、こんな感じ。
f0224387_1126916.jpgf0224387_11262826.jpg
f0224387_11305823.jpgf0224387_1132370.jpg
































ウォークインクローゼットの人感センサーの音がパチパチと気になりましたが、
ゆったりしていてアロマの香りも心地よかった~。
ちょうど、北東向きになるので、遠くは生駒山をのぞみ、眼下に大阪府庁や大阪城も。
>私の場合、取引先企業が多い地区でもあるのでちょっとおかしかったですね~(^^;;
f0224387_1413161.jpgf0224387_1415393.jpg
VIEW BATHは、そのまんま「つるやゴルフ」さんが見えちゃって
笑ってしまいました。昔、ここにレッスンに通っていたので、恥ずかしい~(><)
>って、向こうからは絶対見えないのですけどね。(^^;;
ああ、大好きなスパ「ソティス」のバスジェル、シャンプー、コンデショナーです♪

f0224387_13501884.jpg

ルームサービスに、チョコレートタルトをお願いしました~。
ナッツを丁寧にしいたタルトは、濃厚でほろ苦い大人味。
ソースはカシスソースとカスタードソーズ。
食器は、Villeroy & Bochに、シルバーのティーマット。
紅茶は、DAMMANN FRÈRESの「アールグレー」
バトラーさんが、何種類か選べますよと、紅茶好きのお話をしたら
たくさん、もってきてくださって・・・オリエンタルか悩んだ結果やっぱりアールグレーを
を選びました。
>ここの、フレーバーティーが大好きなんですっ。

シューシャインもお願いしました。ピカピカに磨いていただき、ショーケースのみたいに
あって、驚き!!(@@)
お願いする時に何度も靴の素材について「クロコダイルではございませんよね?」と念押しされるのは
ちょっと困ったかも。(汗)ペニンシュラは、お願いの電話いれなくてもちゃんとしてくれるのにね。
だって普通のローファーです!!と説明。それじゃダメなの?(とほほ
枕もとのチェストを引き出せば、じゃじゃーん。
タッチパネルで、ライティングも調整できます。これ欲しいなあ~>ずぼらな私。(^^;;
f0224387_1355617.jpg
f0224387_13552218.jpg





朝食は、ルームサービスをお願いしていたのに、なんと待てどくらせどこず。。。(泣)
>入れ違いで忘れられてしまってたようです。(このあたり大幅減点)
階下のビストロで、いただきました。

卵料理は「キャビア入りポーチドエッグ」か「フォアグラ入りのオムレツ」
だそうです。>ちと、ばぶりー(^^;;
そして有無を言わさず、大きなカフェオレボウルが。。。。

f0224387_14111041.jpg

オムレツをお願いしました~。
濃厚なソースと中にはいったフォアグラがゴージャスな一皿。
大きさもちょうどよくてよかった。濃密な朝のはじまり。。。

だけど、私はこんな風に贅沢するなら、レストラン・ハジメの「ウッフ・ア・ラ・コック」に
ちろりと白トリフをかけて食べたいー。(^^)

f0224387_1414194.jpgf0224387_14143346.jpg















ホームメイドのこの洋ナシのデニッシュは美味しかったですー。おかわりしちゃいました。
クロワッサンも、ちょうどよい層で美味しかったです。(^^)
コンフィチュールは、近畿近郊の素材にこだわったフルーツでつくられていました。
紀州あらかわの桃のコンフィチュールは、出来立てのフレッシュな味。
果肉のほどよい無垢な甘さが、先に主張して美味しい~。
周辺の食いしんぼOLさん向けに、販売してほしいな~。
自転車のって、買いにくるわーと思っちゃいました。

たくさんのフラワーアレンジも、イングランドスタイルなのに、
エントランスは、シルバーに塗った桜の枝に、クリスタルの桜の花。
蒔絵をふんだんにつかった和テイスト。
そして、セントレジスバーには、高槻在住の画家さんによる絵には
大阪の今と昔がカオスとなって描かれていました。

間違いなく、御堂筋のセンターを分捕る、ランドマーク。
生きておられれば太閤秀吉公も、嫉妬したに違いない?このゴージャスさ。

セントレジスのスピリットと、この混沌とした中でも
「ええもんは、よーわからんけど ええんや」
という、理屈より観念的な自己主張を優先する関西人がこれから
うまく融合して、世界中のスターウッドグループの中でも秀でた個性で
サービスを提供してくれるホテルになっていただきたいなあ~。

ちなみに、私たちは、いつもの焼肉屋でむさぼるように食べ
堀江やミナミのバーのはしごをしていたので、あの心地よく音楽が響き渡る
セントレジスバーでは飲む事はできず・・・。
ベットになだれ込むように戻ったわけですが、ホテルマンの皆さんは
微笑みで迎え、温かいジャスミンティーをもってきてくださったのでした。

ええ、たとえリクエストした雑誌、新聞じゃなくとも。。。
その優雅な微笑みに、もうすぐ関西人達は「まあ、しゃあないな」と応えるのだろう??
ほどよく、アルコールがまわっていたので、んまあ、それでいいのだ。
がんばれ、セントレジス大阪!!!
[PR]
by clarice-straring | 2010-10-07 08:45 | My First

旅ママンは、全力で働き、全力で楽しみます!!


by clarice35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31